医療保険の重要ポイント

医療と言えば、健康保険と連想することは、一般的なようにも思います。
これは、国民皆保険の考えの下に、すべての国民が健康保険に加入することになっているからでしょう。
もちろん、保険には、年金あるいは雇用保険などもあり、健康保険に限ったものではありません。
けれども、医療には、お金が掛かり、患者であれば健康保険があることは、非常に大事なことです。
しかし、日々、マスメディアで報道されているように、日本は借金大国となり、財政をどのように建て直して行くかが問題となっています。
そのための増税論も、起こっては消えを繰り返し、ようやく消費税を上げる法案が国会を通ったようです。
それでも、まだまだ議論は尽きないのでしょうが、借金を後世に残さないための努力が問われ、それは、これからの保険問題、つまり、社会保険制度の問題に関わってくることは、すでにご承知のことかと思います。
こういう状況にあるからでしょうか?
近年、民間保険への加入者が増えているようです。
たとえば、民間保険にも、個人年金というものがあり、社会保険の年金と似たようなものがあります。
社会保険が当てにならない、との意識があるためか、個人年金へ加入する人が増えているようです。
かつては、年金の補助的なものとの考えがあったようですが、今では中心として、考えている人も多いようです。
これは、ほかの民間保険にも影響し、医療保険も、その中に入るようです。
もっとも、医療保険は、対象の現象は以前からありましたが、近年になってようやく認められたものです。
これは、1990年代後半に日本版金融ビッグバンが行われ、保険業の改正を経て、生命保険と損害保険のほかに、第三分野保険が認められたからです。
つまり、医療保険は、第三分野保険の一種ということです。
そんな医療保険にも種々のものがあり、健康保険の代替とはなり得ない面もありますが、社会保険への不安が、加入者を増加させた面があることは、否めない事実のようです。
このサイトでは、そんな医療保険にスポットを当て、重要点を解説しています。
ご参考になるような内容でしたら、幸いです。
Copyright (C)2015医療保険を理解するための重要ポイント.All rights reserved.